韓流ドラマ日記

こたつがあこがれ?

 序々に気温が下がり、風も冷たさが増してきている。これからの本格的な寒さに向け、すでに暖房器具を準備している家も多いのではないだろうか。日本を代表する暖房器具「炬燵(こたつ)」は、中国から伝わった「あんか」が起源であるとされ、今の電気式のこたつが登場したのは戦後の1956年から。ひとつのテーブルを囲んで暖まれば自然と家族団らんにもなる、日本の冬には欠かせないアイテムである。

 近年、日本では電気ストーブや床暖房などが普及し、こたつの出番は少なくなってきているが、逆に韓国ではこたつにあこがれ、購入したいという人たちが増えてきているようである。日本のドラマやアニメをよく鑑賞している彼らは、日本人が冬になるとこたつに入って暖まるシーンを何度も目にしているため、どのような暖かさなのかを体験してみたいのである。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091102-00000029-scn-kr

どこの国の人間でも、未知の物にあこがれる、と言うことのようです(笑)

私たちにとってはコタツより、オンドルの方に興味が・・・

もっとも、私がオンドルという言葉を聞いたのは、
北朝鮮拉致被害者のニュースの時が初めてだった気がします。

だから、あこがれと言うより・・・

(怖い物見たさ、ってちょっと違うかな?(笑))



◆オンドルとは・・・

オンドル(온돌、溫突、温突)は、朝鮮半島や中国の華北北部・東北部で普及している床下暖房。

朝鮮式の漢語では「突火煖寢」もしくは「堗厝火」とも。 中国語では「炕(kang、カン)」と呼ばれる。

本来の形式は、台所の竈で煮炊きしたときに発生する煙を居住空間の床下に通し、床を暖めることによって部屋全体をも暖める設備。火災の危険を避けるため、オンドルを備えた家の土台はすべて板石を用いて築き、部屋の床は石板の上を漆喰で塗り固め、その上に油をしみこませた厚紙を張る。朝鮮半島においてはすでに三国時代から仕様の痕跡が見られ、飛鳥時代の日本に渡来した高句麗や百済出身者も、オンドルを備えた家に住んでいたらしい。しかしこの暖房方法は、日本には受け入れられなかった。
オンドル - Wikipedia


怖い物じゃないですね。
(笑)

他に韓国の物で興味があるのは・・・

本場韓国のもつダレ♪が抜群の相性!!ハンさんのもつ鍋セット、もつは国産100%だから安心♪ このお値段で楽しめる!!限定もつ鍋!もつ鍋セット【ホルモンセット・送料無料】(うどん2個付き)【4】(お試しセット ホルモン、モツ鍋、もつ鍋、焼肉、焼き肉)

本場韓国のもつダレ♪が抜群の相性!!ハンさんのもつ鍋セット、もつは国産100%だから安心♪ このお値段で楽しめる!!限定もつ鍋!もつ鍋セット【ホルモンセット・送料無料】(うどん2個付き)【4】(お試しセット ホルモン、モツ鍋、もつ鍋、焼肉、焼き肉)



プロが選ぶ麺とスープ! 美味しくって大評判♪【常温・冷蔵・冷凍可】【21%OFF】プロが選ぶ業務用ゴクうま韓国冷麺8食セット(麺120g×8玉、濃縮スープ30g×8袋)

プロが選ぶ麺とスープ! 美味しくって大評判♪【常温・冷蔵・冷凍可】【21%OFF】プロが選ぶ業務用ゴクうま韓国冷麺8食セット(麺120g×8玉、濃縮スープ30g×8袋)



韓国ドラマによく出てくるあの真っ黒な麺!【2人前】濃厚でこってり甘い、細うどんを使ったチャジャンミョン(ジャージャー麺)[韓国食材]

韓国ドラマによく出てくるあの真っ黒な麺!【2人前】濃厚でこってり甘い、細うどんを使ったチャジャンミョン(ジャージャー麺)[韓国食材]

韓国 ドラマ ヤマハ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131869234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。