韓流ドラマ日記

ペ・ヨンジュン、頚椎と肩の靱帯もけがしていた

ペ・ヨンジュン、頚椎と肩の靱帯もけがしていた

先日、右手人さし指の靱帯(じんたい)を切るけがをしたペ・ヨンジュンが、頚椎(けいつい)と肩の靱帯にも重傷を負っていたことが分かった。


 『太王四神記』(MBC系)に出演中のペ・ヨンジュンは、重傷を負ったにもかかわらず、最終段階に入った撮影スケジュールを優先するため、現在は治療を後回しにして鎮痛剤を打ちながら撮影に臨んでいる。


 ペ・ヨンジュンは17話で放映された、タムドク(ペ・ヨンジュン扮す)一行が紅玉を発見し、ヨンガリョ(パク・サンウォン扮す)の屋敷に入って火天会と争うシーンを撮影中にけがをした。ワイヤーの調節に失敗し、空中で演技をしていた俳優がペ・ヨンジュンの首の上に落下してきたという。ペ・ヨンジュン、頚椎と肩の靱帯もけがしていた


先日ご紹介した、ヨン様の怪我の話題。
思ったより重傷だったようです。

撮影終了後手術するらしい、とか。
無理せずに早く処置した方が・・・

後遺症とか残らなければ良いんですけど。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。